独自ドメインでのメールアドレスを設定する

独自ドメイン取得方法

1 独自ドメインを取得する
2 ホームページを置くスペースを確保する
3 取得した独自ドメイン名と確保したスペースを関連付ける
4 確保したスペースにホームページのソースを転送する
5 独自ドメインでのメールアドレスを設定する

5-1独自ドメインでメールアドレスを設定する方法

せっかく独自ドメインを取得したのですからメールアドレスも設定しましょう。
アドレスは好きな文字列@貴方のドメイン名になります。
貴方のドメイン名は世界で一つですから@の前の文字列はなんでも設定可能です。(長さ等の制限はあります)最大100個のアドレスが設定できます。
ただし必ず設定しなければいけないメールアドレスがありますので好きなアドレスにできるのは最大99個です。

XREAで貴方が借りているレンタルサーバの管理画面に入室します。

画面左下のマイドメイン利用のドメインメールをクリックしてマイドメインのメールの作成画面を開きます。

必ず設定しなければならないメールアドレスが>画面下部の注意点の中に記載されていますので、まず始めにそのアドレスを設定してください。

希望のメールアドレスを入力します。

@の前は2〜22文字で好きな文字列を入力します。@の後ろは貴方が取得したドメイン名を入力します。

運用方法を設定します。

まずはPOP/WEB受信のみの設定で良いです。

POP/WEB受信のみの場合は転送先メールは空欄のままです。

POPパスワードの確認をクリックします。

POPサーバ名、SMTPサーバ名、ログインユーザ名、ログインパスワードが表示されますのでメモして下さい。
パスワードは3〜15文字で初期値から変更できます。

サイズを指定します。

サイズは設定するメールアドレスのメールBOXの容量です。
全メールアドレスのメールBOXの容量と貴方のホームページ容量を合計してレンタルサーバの容量以下にする必要があリます。 (独自ドメイン取得方法で説明している広告免除サービス適用の場合の容量は1,000MBです。)

しかしあまり小さい値を設定してしまうとメールBOXがあふれてしまい、メール受信ができなくなる可能性があるので最低でも10,000,000bytes(10MB)ぐらいは確保しましょう。

オプションを選択します。

ウイルスフィルターとスパムフィルターはチェックすることをお勧めします。自動返信はチェックしないで下さい。

画面下の設定ボタンをクリックして完了です。

5−2メーラーの設定

メーラーの設定

送受信するためのパソコンのメーラー設定例(Outlook Expressでの設定例)です。

Outlook Expressを起動します。

ツール→アカウント→追加をクリックします。

メールを選択します。

好みの表示名を入力します。

次へをクリックします。

設定したメールアドレスを入力します

次へをクリックします。

電子メールサーバの種類はPOP3です。

受信メールサーバはメモしておいたPOPサーバ名入力します。

送信メールサーバはメモしておいたSMTPサーバ名入力します。

次へをクリックします。

アカウント名はメモしておいたログインユーザ名を入力します。

パスワードはメモしておいたログインパスワードを入力します。

次へをクリックします。

完了をクリックします。

これで貴方のドメイン名のメールアドレスから送受信可能になります。

まずは自分のアドレスで送受信テストをして正常に動作するか確認して下さい。